2011年12月04日

APS-3 LE2011初速データ


前回プリシーダーの初速データを取りましたが
今回は、いつも使っているAPS-3のデータを取ってみます

連射で撃っているとなぜか、初速が少しずつ下がっていきます
4発目はちょっとコンプレストの仕方を変えたので、ちょっと上がってますが
徐々に下がっています
7発以降は安定しています
最後の10発目はインターバルを置いて撃ってみました
その結果、1発目と同じ初速になりました

撃っている内にパッキンが縮んで7発目で安定したってことですかね
だとすると、シルエットは10mから狙ったほうがデータ戦が出来るんじゃないか?
もしくは、1発目と同じ数値が出せるようなコンプレスト方法が必要なのか?



う~ん
カップパッキンが気になるなぁ~
やっぱり、安定した初速が出てほしいな
シルエットはデータ戦ですからね





同じカテゴリー(APS)の記事画像
今度こそ最後
APS-3仕上げかな
今年最後の
実家からアパートに行く前に
射撃レンジ(場所探し)
プリシーダーのデータ
同じカテゴリー(APS)の記事
 アレだよアレ、アレの構造をね (2011-12-21 07:03)
 今度こそ最後 (2011-12-19 00:09)
 APS-3仕上げかな (2011-12-15 00:04)
 今年最後の (2011-12-13 00:10)
 実家からアパートに行く前に (2011-12-11 00:06)
 射撃レンジ(場所探し) (2011-12-09 00:11)

Posted by ハロ  at 00:05 │Comments(2)APS

この記事へのコメント
ちょっと早めに寝たら目が覚めちゃったい(汗)

え~っと推測(憶測かな)ですが・・・
ピストン内部に使っている小さいOリングが
弾性限界超えて潰されてる証拠のデータに見えます。
連続してコンプレストするとOリングの変形が進んで
2重構造のピストンが密着するようになり、
圧縮比が下がりあるところで安定します。
(グラフの下限)
Oリング新しいうちはある程度の戻りがあるため
時間をおくとつぶれが解消してピストンが密着しなくなり
圧縮比が初期値に近くに戻ります。
(10発目の値)
しかし繰り返し使用するとOリングには大きな変形が
繰り返されているため元に戻らなくなる時期がやってきます。
こうなると気密が確保できなくなりコンプレストそのものが
できなくなります。
(沢山練習する人が撃てなくなる状態)
もし塑性変形しない範囲の潰し量で気密が取れれば
内部のOリングはもっと長持ちするようになるんじゃないかと
思ってしまいました。
世の中にはもっと高圧で長い時間使われるような
ものがあると思うのでその辺のノウハウが使えたら
良いのに・・・と思います。
長コメ失礼><
Posted by あづ at 2011年12月04日 02:39
結局寝れず GTAをずっとやってますw

2重構造のパッキンが問題なんですよね
いっそ1ピース状に出来ないのかと
高気圧を求めるより、安定性を求めたいですね
まぁジュールが高いほど、10mが楽になるのは言わなくても分かることですが

LE2011を持ってる方のシリンダーを見ると
ピストンが固まってるのを良く見ますね
あれは完全にパッキンがつぶれてしまっている証拠ですね
これを改良しなきゃならんのだよアンダーソンくん
Posted by ハロハロ at 2011年12月04日 04:40
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
ハロ
ハロ
某大学のサークルの所属し、サバゲー・スピードシューティング・APS・FPSをこよなく愛するハロです。ASC(エアーソフトサークル)所属
公式169-4×
 練習会191-3×
練習200-3×
< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

過去記事
アクセスカウンタ
↑コミックハイ公式web↑ ↑すもも↑ ↑LO↑ ↑たぬきそふと↑ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
放浪息子